知ってみれば怖くない金利と返済

カードローンの金利は実際このくらい

カードローンの金利がどのぐらいになるかご存知ですか? これからカードローンを利用したいと思ってる方は、この点を知らなければなりません。 カードローンの金利は、借入先によって利率が異なっています。 例えば、消費者金融と銀行ではその差は歴然としています。

まず消費者金融カードローンでは、平均して約17%~18%ですが、これにたいして銀行カードローンは、平均で約15%以下になっています。 このように、カードローンの金利は消費者金融が高く、銀行のほうが安く設定されています。 もちろん、カードローン金利は消費者金融の中でも業者ごとに利率が異なり、銀行においても銀行ごとに利率は異なっています。 しかしほとんどの借入先で、ここに挙げた平均利率の範囲で貸付を行っています。

無利息で借りる方法もあるの?

知らない方もおられるかもしれませんが、実は借金は無利息で行うこともできます。 無利息とは利息0円で借金することですが、あるサービスを使えばこれができるのです。 そのサービスとは、金融業者がお試し用として実施している無利息サービスです。

業者によっては行われていませんが、今は大手を中心にたくさんの金融業者でこの無利息サービスが行われています。 無利息サービスのポイントは、一定の期間を定めて、その期間内に返済を完了させれば、無利息で借金できるということです。 決められた期間内でというのが味噌ですが、それさえ守ることができれば無利息での借金ができるのです。 一方、期間内に完済できなければ無利息サービスは解除されてしまい、利息を払わなければならなくなります。

返済が遅れたらどうなる?

カードローンの返済が遅れたら、どうなるかご存知ですか? 何もないと思ってる方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。 カードローンの返済が遅れたら、業者からハガキや電話で催促がきます。 つまり、ちゃんと返済してほしいというメッセージを伝えるための連絡です。 その連絡ですぐに返済

すればいいのですが、それでも返済しなかったら、次は正式な督促状が送られてきます。 ハガキや電話での催促は、期日が過ぎていることを連絡するのが趣旨でしたが、督促状では返済してほしいとはっきりしたメッセージを伝えてきます。 その督促状を見てもまだ返済を遅らせる場合は、取立てが行われます。 これは最終段階の一歩手前というところですが、対応は徐々に厳しくなっていきます。 これでもまだ返済を遅らせれば、最終的には差し押さえが行われます。

返済を引き落としにできるの?

カードローンやキャッシングの返済といえば振込み返済を考える人もいますが、指定口座から自動で引き落としてもらう、自動引き落とし返済という方法もあります。 これはカードローンの契約手続きを行うとき、返済方法に口座引き落としを設定しておくことで利用することができます。

ただし、口座からの引き落としなので、事前に口座を用意しておく必要があります。 また、口座にお金がなかったら引き落としできないので、残高不足にならないよう注意しなければなりません。 一方、引き落とし返済のメリットは、本人が返済期日を忘れていても、ちゃんと自動で返済ができることです。 日時を忘れやすい人にとっては、口座自動引き落としは安心できる返済方法でしょう。

返済に手数料?

カードローンの返済をコンビニATMで行おうと考えてる人もいるかもしれません。 コンビニATMでの返済はとても便利でいいのですが、注意点が一つあります。 それは、ATMで返済するときは手数料を支払わなければならないことです。

これは昔の法律では金融業者が負担してくれることになっていたのですが、今は法律が改正されて、コンビニATMでの返済手数料は債務者が自分で負担することになったのです。 この法律改正についてまだ知らない方もおられるかもしれませんが、ぜひチェックしておいてください。 コンビニATMでカードローンの返済をするときは、返済額に合わせて手数料も支払わなければなりません。 ちなみにATMはATMでも、金融業者独自の専用ATMなら手数料がかからないこともあります。

外為ジャパンの口コミ